ブログ

SSH活動日誌

郡山市ふれあい科学館サイエンスフェスティバル 参加

5月1日、郡山市ふれあい科学館サイエンスフェスティバルに
2-7(SSクラス)の有志生徒10名が参加しました。

スライム制作ブースでは洗濯ノリとホウ砂、絵の具で色付きスライムを作成しました。
花束班はコーヒーフィルターに紫キャベツのアントシアニンをつけ、レモン水や重曹を付けてpHを調節して色を変えるようにしました。
どちらも子どもたちが真剣に楽しんで工作していました。

生徒たちは一生懸命わかりやすく噛み砕いて説明し、工作や科学の楽しさを一緒に味わっていました。
新型コロナの影響が懸念されましたが、来客が多く常に盛況でした!

 

 

 

 

 

<生徒感想>
・小学生と話す機会は意外と少ないので、面白く貴重な経験になりました。教える側に回ることは中々あるものではないため、不慣れながらも成長していけたのかなと思います。また、失敗も多く、この失敗を実験に活かして行こうとも思いました。
・全体を通してとても楽しくできました。途中で材料が無くなったりした時買い足したりするなどその場での判断もしっかりできていてよかった。咄嗟の質問などにも的確に答えられた。
・最初は思うようにお客さんが来てくれませんでしたが、午後あたりから多くの方が来てくれたので安心しました。今回、何より自覚したのは、人にわかりやすく説明することの難しさと、初対面の人の前でもビビることのないコミュ力の大切さです。これからの発表等に生かしていきたいです。
・人に教える機会はなかなかないので、今日の経験はよかったです。クラスの人ともたくさん話せたのでそういう面でもよかったです。

物理チャレンジ勉強会

3年生が2年生に講義しています。まだ授業で習っていない、電磁気の分野です。

物理チャレンジ(物理オリンピックの国内選考会)は6月にレポート提出、7月に筆記試験があり、生徒たちは真剣に準備しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、別の日は2年生が1年生に物理で使う数学(三角関数)の講義をしていました。

論文作成研修

4月14日(水)のSS探究Ⅱの授業において、日本博物館教育研究所 小笠原喜康氏を講師に迎えて、3年生を対象に論文作成研修を実施しました。

2年次のSS探究Ⅱでは、「グローバル探究」としてSDGsについての課題研究を行ってきたため、今回は研究レポートや論文の作成についての講話だけでなく、SDGsや体験談なども併せてお話をしていただきました。そのなかで、論文では理系・文系にとらわれずに自分の思想を大切にすることや誰もが当たり前だと思うことへの疑問を持つことなどといった新たな視点を、生徒たちは持つことができたように思えます。今後の各グループでの論文作成に向けて参考になる内容であったと思います。

SSHクラス SSアカデミーⅡ開講式が開かれました

4/15(木)7校時目、SSHクラス2-7で、SSアカデミーⅡの授業の開講式が開かれました。

SSアカデミーⅡはこのクラスだけの特別授業で、プログラミング講座や統計・検定に関する講義、科学者との対談、サイエンスダイアログ(留学生とのAll English対談)などの先進的な取り組みをする授業です。

担当及び教頭からガイダンスがあり、これからの授業のイメージをつかみました。

ドイツ ウルフスクーレとのオンライン発表会

  3月26日(金)安積高校がドイツ エッセン市のウルフスクーレと進めてきた、オンライン共同研究の発表会を実施しました。

 

 

 

 安積高校の参加者は、海外交流参加希望生徒及び英語研究部の1·2年生10名、ウルフスクーレはグリーンクラブの生徒13名。

来賓として 在デュッセルドルフ日本国総領事館 岩間公典総領事

      ドイツ連邦共和国大使館 東京 スザンネ・ヴェルター公使参事官

をお迎えしての発表会です。

 

 開会あいさつののち発表。はじめにそれぞれの学校ごとに発表がありました。

 ①Presentation of some projects by the Green Club(Wolfskuhle)

 ②Aiming for Better “Utsukushima”(Asaka High School)

 ③The past and the future of Fukushima(Asaka High School)

 

つづいて,2つの学校の生徒が混合で数名ずつグループとなり、SDGsの1つのテーマについて自分たちの意見をまとめ、発表しました。

  ①Goal17: Instagram Account about Sustainable Lifestyle

  ②Goal 2: Zero Hunger

  ③Goal 4: Raising attention to the situation of children in developing countries

  ④Goal 5: Gender Equality Power

  ⑤Goal 7: Affordable and Clean Energy

  ⑥Goal11: Sustainable Cities and Communities

  ⑦Goal13: Climate Action: Cellulose Straw

 

  12月15日(火)のキックオフミーティングののち、グループごとにおよそ月1回のミーティングを重ねてきました。もちろんオンラインのミーティングには不自由を感じる部分もありましたが、海外の新しい友人とインターネットを介した共同研究を楽しむことができました。

 さらに言語が英語であるため発表や発言では緊張はありましたが、その分達成感は大きく、自分の思いを英語で伝えられた喜びはひとしおです。

 

  次年度も交流は進めていきますが、ぜひ対面で実施できることを願っています。

  なおこの交流は、郡山市がエッセン市と教育と次世代の人材育成協力の合意書を交わしていることから実現しました。実施にあたり様々な準備にあたってくださった郡山市産業観光部産業創出課にはあらためて御礼申し上げます。

細野議員と対談しよう!の会が開かれました

3/28(日)、衆議院議員の細野豪志氏と社会学者の開沼博氏が安積高校に直接いらっしゃって、本校生と2時間対談しました。

生徒たちは細野議員に復興や廃炉に関する疑問をぶつけ、細野議員からはそれぞれにお答えいただきました。
とても盛り上がり、活発な議論が交わされました。貴重な機会となりました。

はいろのいろはワークショップに参加しました

3/26(金)本校にて5名の生徒が、はいろのいろはワークショップに参加しました。
原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の主催するワークショップです。

社会学者の開沼博先生にオンラインでファシリテータをしていただき、
カードゲームで廃炉の全体像をつかんだのち、はいろのいろはカードを各自作成しました。

カードゲームでは、ミッションカードの達成を目標とした廃炉の実行のシミュレーションを行いました。
地元企業と行政、研究機関や海外などの協力関係がなくては廃炉が進行していかないことを身をもって実感しました。

はいろのいろはカードの作成では、5人それぞれに専門家の方がついていただき、
個別にレクチャーを受けつつ自分の疑問についてカードに整理しました。
最後にそれぞれの作ったいろはカードの発表を行い、開沼先生からアドバイスを受け取って終了しました。 

詳細になんでも質問できたことで、生徒たちの満足度は高かったようです。

 

 

 

 

 

 

<生徒感想> 

廃炉について易しく知ることができました。実際に様々な現場の第一線で働いている方々からお話を聞くことができ、
貴重な機会を頂けたことに本当に感謝しています。また、他の生徒の発表を聞いて新たな視点を発見でき、廃炉への
興味が一層高まりました。廃炉を取り巻く様々な問題は、ある程度の知識がなければ始まらないと聞きました。
故郷である福島県をよりすてきな場所にするために、これからを担う世代である私たちが知識をつけなければいけない
と感じました。本当に貴重な機会を頂き、ありがとうございました。(2年女子)

事前知識がかなり足りなかったので不安だった。しかし、最初のゲームで楽しく学べ、国などの機関ごとにやるべき
ことがあって、協力し合うことが大切なのだと理解できた。また、相談員の方とお話しする中で、私は廃炉作業が作業員さんにとっても周辺地域の人にとっても安全に進められるのかが不安だったのだと分かった。廃炉についてのお話しを聞いて、作業は思ったよりも安全に進んでいるのだと分かった。やはり、正しい知識を得ることは大切だと思った。
廃炉などのことをもっと知って、将来子どもたちに、福島のことを伝えたり、福島の復興に携わったりできたらいいなと思った。(1年女子)

放射線の授業

2月~3月にかけて、1年生全員に物理基礎の授業中に放射線と福島の現状についての授業を行いました

今年は県や省庁のデータなど諸機関の資料をまとめた本校のオリジナルのテキストを作成し、
放射線測定器「はかるくん」を使用しつつ、以下の全5章の授業を行いました。
(クラスによっては3章まで)

第1章 放射線の基礎 : 放射線の正体、単位と測定法、原発の原理
第2章 放射線の実験 : 放射線の性質の理解(線源の測定や距離・遮蔽実験を通して)
第3章 福島の現状  : 放射線の生体への影響、現在の福島の線量や食品検査の結果
第4章 福島の課題  : 現在の原発の様子と課題、風評被害とその原因
第5章 福島の努力  : 避難指示解除地域の現在、福島の人の震災後の努力

授業の最後では、2011年の震災の教訓をまとめ、各グループで発表しあいました。

<生徒感想>

自己当初は放射線の危険性を訴えるような情報が多くて恐怖を抱いていましたが、実際には私たちが浴びた放射線の量では人体に影響がでる可能性がものすごく小さいとよくわかりました。しかし今でも福島県について誤解している人が多いのも事実で、残念でした。また、震災の影響でストレスを感じ、自殺などに追い込まれている人も福島県に多く、人数も減らないことにショックを受けました。
最後に周囲の人と震災から学んだことを話せて本当によかったです。悲惨なことも多かったですが実はポジティブな面も持っている震災ですが、この授業を通してやはり、この経験は大切にしていこうと思えました。(1年女子)

甲状腺検査を行うことで「過剰診断」という問題が起こっていることを知った。数値を見るだけでなく、他の県の値などと比較することが大切なのだと思った。また、お米に対して農家の方々などがたくさんの努力をされていたことが分かって、他県の人にもこの努力を知ってほしいと強く思った。放射線の遺伝的影響がありえないとはっきり学べて安心した。ただ不安に思うのではなく、信頼できるデータや情報から判断することが大切なのだと感じた。
福島についてはネガティブな情報が耳に入りがちだが、これらの授業を通して「福島の復興」という言葉の見方が変わった。(1年女子)

震災を知らない世代が今後増えていく中で、私たちが伝えていく必要があると思った。どのように伝えていくかはすんなり決められることではないが、それを大学までに見出して、伝えていきたい。本質を見抜くにはすべての教科が必要であると分かったので、福島県を理解していくために今後も勉強を頑張りたい。(1年男子)

たくさんの人たちが福島に協力していただいていて、本当にありがたいと感じたし、自分がこの授業を受ける前に思っていたよりも復興していると分かりました。(1年男子)

食品中の放射性物質測定についての説明会・放射能測定器講習会 を実施しました

3/16(火)本校にて19名の生徒が、食品中の放射性物質測定についての説明会・放射能測定器講習会に参加しました。

本校の生物室において、オンラインで近畿大学原子力研究所の山田崇裕准教授に放射線の基礎及び食品中の放射性物質の検査の注意点についてレクチャーしていただいたのち、
福島県環境測定・放射能計測協会の方々に実際に本校のNaIスペクトロメータで測定を実演していただきました。 

山田先生は原発事故直後から福島県内の食品放射能測定に関わっていた方で、エネルギースペクトルの意味など大学レベルの詳しい話をしていただきました。
生徒たちは実際に測定してみることで、測定をどのように行ったいたのかを知り、より科学的に食品の安全性を実感できたようでした。